どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

堕胎をしないためにオンラインでアフターピルを

望まぬ妊娠をしてしまうと選択肢はふたつしかなく、産むか堕胎をするかのどちらかしかありません。
そして、決断をするにはタイムリミットがあり出来るだけ早く決めなければ、その負担というのも大きなものとなってしまいます。
どちらを選ぶにしても覚悟が必要であり、決めきれないという人も多いものです。
経済的にも立場的にも育てていくことが難しいとなれば、堕胎をするしかありませんがこれは肉体的にも精神的にも大きなダメージとなってしまいます。

このようなことにならないためにも避妊を徹底することがまず重要な事になりますが、避妊をしていたのに失敗をしてしまうということもないわけではありません。
ピルなどを服用していなければ、コンドームでの避妊ということになりますがこれは破れてしまったり外れてしまったりして、精液が漏れだして避妊に失敗してしまうということもあります。
そのようなときに最後の手段として、アフターピルがあり避妊に失敗をしてから72時間以内であれば避妊効果があるとされているのでできるだけ早く服用をすることで避妊をすることができます。
しかし、手元にアフターピルがなければすぐに飲むことが出来ないため、病院に行くことになるのですが避妊に失敗をしたということでアフターピルを処方してもらうのは恥ずかしいという人もいることでしょう。
そのようなことは言っていられない状況ですが、現実的にはそう思ってしまう人がいる以上事前にオンラインでアフターピルを購入しておくという方法もあります。
通常の手段であればアフターピルを購入をすることは出来ないのですが、個人輸入という形であれば手に入れることができ個人輸入代行業者を利用することで一般的な通販と同じようにアフターピルを入手できるのです。

有事に備えてアフターピルは通販で買っておきましょう