どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルと錠剤と遅れについて

アフターピルと錠剤と遅れについて、性交渉などが失敗してしまった場合、妊娠をしてしまったと確信があった場合、または妊娠をしてしまった可能性が少しでもある場合には、妊娠を望んでいない場合には、至急、アフターピルを飲んで、妊娠を防ぐ必要があります。

これは、なぜ至急必要か?というと、時間との勝負が、妊娠を止めることが出来るか、それとも望まない妊娠をしてしまうか、の違いになってしまうからです。

妊娠をアフターピルで止めることが出来なかった場合には、次には、中絶手術を行うことになってしまい、女性の体にとても大きな負担、そして精神的なショックや傷を心に残してしまうことになってしまいます。

そのため、錠剤であるアフターピルで止めることが出来るのであれば、この場合の段階で止めることが出来れば、遅れなどがなければ、中絶という悲しい形にならずに、妊娠を止めることが出来るため、罪悪感なども少なく済むことが出来ます。

アフターピルについては、産婦人科または婦人科で、もらうことが出来ますが、出来るだけ24時間以内に服用を行わないと、効果が低くなってしまうとされています。

そのため、性交渉の後には、出来るだけ早く産婦人科または婦人科で診察を行ってもらうこと、錠剤をもらうことが、とても必要になります。

ピルの服用が早ければ早いほど、妊娠の可能性は低くなるからです。

逆にピルの服用が遅れれば遅れるほど、妊娠の可能性は高くなり、先述したように、24時間以内のアフターピルの服用であれば、妊娠の確率が0.5パーセントほどであったものでも、時間が経過すればするほど、その倍率はとても高くなってしまい、およそ倍近くにまで、妊娠する確率は急激にあがります。