どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルと生理とモノカルボン酸について

性交渉を行った時に、避妊をしなかったり、避妊に失敗するケースがあります。
そのような場合、モーニングアフターピルを服用することで、妊娠を防ぐことが可能です。
日本では、人工妊娠中絶手術の件数が、毎年30万件と非常に多いです。
中絶は、女性の心と体を傷つける行為です。
モーニングアフターピルを服用することで、自分の体を中絶によるダメージから守ることができます。
モーニングアフターピルは、ホルモン剤です。
ホルモン剤を飲むことにより、受精卵の着床を防ぐことができるのです。
緊急避妊薬、事後避妊薬とも呼ばれ、欧米では広く認知されている方法です。
欧米では、普段は避妊にコンドームを使っている人でも、万が一の備えのためにアフターピルを持っている人が多いです。
しかし、アフターピルは、あくまでの緊急の避妊法なので、女性の体に負担がかからない低用量ピルの利用が主流となっています。
アフターピルは、問診を行って問題がなければ、処方してもらえます。
アフターピルは、避妊に失敗した後、72時間以内に1回服用します。
そして、1回目の服用から12時間後に、再度服用します。
アフターピルを服用した場合、生理が早まる人が多いです。
ただ、生理が遅くなるケースも1割ほどあります。
ケトン体ダイエットで知られるケトン体は、人間のエネルギー源となる物質です。
人間のエネルギー源となる物質には、ケトン体、ブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸があります。
これらの物質が細胞内でエネルギー源として使われるためには、ミトコンドリアまで到達する必要があります。
ケトン体は、モノカルボン酸輸送体という関所を越えれば、ミトコンドリアに到達することができます。
モノカルボン酸輸送体は、人間の細胞に備わっている輸送体の中でも、もっともシンプルで普遍的な輸送体です。