どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルと治療と調節について

通常、カップルや夫婦で性交渉を行う際には、妊娠を望んでいない場合には、男性がコンドームを着用し、妊娠を防ぐ役割を担っています。

また、コンドームには妊娠を防止するだけでなく、性病などを防ぐ効果もある他、上記のように望まない妊娠を防いでくれる役割があるとても大切なものであるため、性交渉には欠かせないものですが、やむを得ない事情などや、突発的な事故などから、このコンドームが破れてしまうケースや、うまく性交渉が行かなかった場合に、膣内に精子が入り込んでしまうケースがあります。

そのような場合には、女性は出来るだけ早く、妊娠を防ぐためにアフターピルを服用する必要があります。

ただ、このアフターピルを服用すると、当然ですが、副作用などが出てしまい、吐き気やめまいなどが出てしまいます。

また、アフターピルは、女性ホルモンを調整することによって、受精卵が着床することを止めるための薬であり、何か他の治療を行っている、例えば女性ホルモンに関係する薬などを飲んでいる場合には、薬の調節などが必要となるケースがあります。

これは医師の先生ごとに、意見が異なっているため、とても難しいことですが、上記のように、アフターピルが女性ホルモンを調節することで、妊娠を防ぐために、受精卵の着床を防ぐものであることから、同じように女性ホルモンの働きをする、女性ホルモンと大きく関わりのある薬などで、治療などを行い、薬などを投与されている場合、または処方されている場合には、薬剤師さんや医師の先生にそのことを告げ、薬などの調節をしてもらうことが必要となってきます。

このように、アフターピルは、女性の体に大きな副作用などをもたらすため、性交渉を行う際には、十分な注意が必要となります。