どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルとアンジュと抽出されたイソフラボン

望まない妊娠によって人工妊娠中絶手術を受ける女性は、日本だけでも毎年約30万人もいます。
人工妊娠中絶手術は、女性の体も心も深く傷つけます。
避妊は、女性の心身を守ってくれます。
日本では、コンドームを使って避妊する人が多いのですが、最近は、低用量ピルを使った避妊方法も認知されつつあります。
アンジュなどの低用量ピルは、産婦人科に行けば処方してもらえます。
低用量ピルには飲み方があるので、医師の説明をよく聞いて、正しくピルを服用することが大事です。
コンドームを使った避妊では、失敗するケースも少なくないです。
避妊に失敗して、妊娠を望まない場合に使われるのがアフターピルです。
アフターピルは、緊急避妊薬とも呼ばれています。
受精卵の着床を防ぐので、避妊することができます。
ただ、いざという時の緊急避妊法なので、普段は低用量ピルなどで避妊をした方が安心です。
アフターピルは、内診などの検査はなく、問診を行って問題がなければ、すぐに処方を受けることができます。
女性ホルモンと似た働きをすることで注目されている植物性エストロゲンは、女性に人気があり、抽出された成分が様々なサプリメントに使われています。
植物性エストロゲンで有名なのが、大豆イソフラボンです。
現在、研究が進んでいる大豆イソフラボンは、女性の健康と美しさの維持に役立ちます。
特に、更年期障害を抱えた女性にとって、大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補って、更年期障害の様々な症状を軽くしてくれる心強い味方なのです。
エストロゲンは、コレステロールの増加を抑制し、動脈硬化を防ぎ、骨を丈夫にします。
また、自律神経も安定させます。
大豆イソフラボンは、毎日の食事から摂取することが大事ですが、最近は、サプリメントを利用している人も多いです。