どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルでダメなときは

アフターピルを飲んだにも関わらず、妊娠をしてしまった、このようなケースは当然でありますがあります。

これはなぜか?というと、24時間以内にアフターピルを飲んだ場合、逆に飲めた場合には、妊娠する確率というものは0.5パーセントととても低いものでありますが、逆にかなり時間が経過した後に、アフターピルを飲んだ場合には、当然ですが、ピルの効果が低くなってしまうため、アフターピルを飲んでも、妊娠してしまう確率は時間が経過すればするほど、何倍にもなります。

このように、時間との勝負がとても大切なものでありますが、それでも、上記のように0.5パーセントであっても、確率は0パーセントではないため、当然ですが、妊娠する確率は0ではありません。
そのため、アフターピルを飲んでも、妊娠してしまった場合には、かなり辛いことですが、中絶という形になってしまいます。

中絶を選ぶことは、出来るだけ女性にとっても避けたいことです。
それでもパートナーが結婚を許可しない場合や、不倫などの場合など、どうしても出産が出来ない場合には、中絶を選ぶ他に道がない場合もあり、その場合には、女性の体にかなりのリスクがかかります。

また、中絶手術を受ける時には、本人とそのパートナー、男性の同意が必要となること、さらに保険が適用されないため、かなり費用がかかってしまいます。

また、妊娠してしまった時期によって、手術の内容も、またかかる金額も、とても大きく変わることがあり、妊娠が初期の段階であれば、手術はその日に終わる、そのようなことも可能でありますが、中期になってしまうと、日帰りで手術を行うことは不可能であり、入院が必要となってしまうのです。