アフターピルがあるじゃない!

どうしようもない時や、前後不覚、自暴自棄、若気の至り、どれも言い訳にはなりませんが、望んでいなかった場合や結果的にそうなってしまった場合、アフターピルで対処しましょう。

アフターピルがあることを思い出す女性

アフターピルはいつまでに飲むのか

アフターピルが買える通販
△望まない妊娠に対して不安にならない方法もあります

アフターピルはいつまでに飲むのか、このことについては、アフターピルは、性交渉を行い、妊娠してしまったかもしれない、そのような意識を持ってから、出来るだけ早急に飲むことが大切であるとされています。

アフターピルは、名前の通り、性交渉の際に、避妊などを行っていても、コンドームなどが破れてしまった等、万が一の際に、アフターピルを服用することで、妊娠の可能性を低くするためのもであり、時間がとても大切になります。

アフターピルはホルモンと連動しており、ホルモン避妊薬としても有名であり、このために、妊娠を回避することが出来る薬となっています。

アイピルなどもその一つです。アイピルはジェネリック医薬品ですので手頃な値段で購入することが可能です。

アフターピルは低用量ピルと違って緊急時に使うものですので含まれているホルモン量が多く、その分、低用量ピルより副作用が出やすいのは否めません。

アイピルの副作用には胃のむかつき、不快感、吐き気やむくみなどがあります。服用前にしっかり医薬品の副作用を確認しておくことは、どんな薬を飲むときにも必要と言えますね。

避妊を望まない場合には、上記のように男性にコンドームを使ってもらうなど、色々な対策がなされてから、性交渉は行われますが、上記のように、やむを得ない事情がある場合には、緊急に、出来るだけ早く飲むことが、とても大切になってきます。

避妊に失敗してしまったと気づいた場合、12時間以内にアフターピルを飲んだ場合には、妊娠してしまう確率はほぼ0.5パーセントとなっており、妊娠にはかなり遠い数字となっています。
一方で、24時間を過ぎてしまってから、ピルを飲んでしまった場合には、数字は3倍以上と跳ね上がるため、出来るだけ早い、服用がとても貴重になってきます。

特に、61時間過ぎてからアフターピルを飲んでしまった場合には、上記の0.5パーセントとは異なり、かなり妊娠する確率はあがってしまい、おおよそ4パーセントまで、妊娠する確率がぐっと上がります。

このように、上記のように出来るだけ早く飲むことが大切であり、時間が経過すればするほど、上記のように妊娠する確率は上がってしまうものなのです。

■アフターピルの成分として含まれてるエチニルエストラジオール配合のお薬一覧はこちら
エチニルエストラジオールでホルモンバランスを整える